一人親方 の登録の代行申請

一人親方は技能者登録が基本
立場によっては 技能者登録+事業者登録 のセットで申請

一人親方 は、基本的に技能者登録のみを行います。
特定の事業所に所属せず、専ら技能労働者として雇用される立場の 一人親方 であれば、建設キャリアアップシステムへの登録は、技能者登録(技能者ID)のみで構いません。必要書類は、技能者登録のみとなります。
一方で、同じ 一人親方 でも、事業の形態によっては、「技能者登録+事業者登録」をセットで登録します。
「請負契約を結んで施工体制に事業者として登録される立場」の 一人親方 については、施工体制への登録のため、事業者登録(事業者ID)も取得する必要があります。登録の必要書類も、技能者登録と事業者登録の両方が必要です。
一人親方 は、建設キャリアアップシステムの事業者ID、管理者ID(登録責任者)、技能者IDと複数のIDを同時に持つことになります。

一人親方登録の代行申請

Questions and Answers

一人親方 は 事業者登録 と 技能者登録 の両方が必要でしょうか?

一人親方 の場合は、基本的に技能者登録となります。
事業者登録が必要となるかは、事業の立場によって変わってきます。
一般的に、一人親方 とは、「労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする者」や「あるときは事業主として経営者の立場に立ち、また、あるときは技能労働者として雇用される者」など、様々に定義されていますが、本システムでは、「請負契約を結んで施工体制に事業者として登録される立場」と定義しています。
この立場であれば、事業者登録が必要となります。
そのため、特定の事業所に所属せず、専ら技能労働者として雇用される立場であれば、技能者登録のみとなり、事業者登録は必要ありません。
技能者登録の「所属事業所」欄の「主たる所属事業者」は、ご自身の事業所・屋号・代表者名となります。
なお、他サービスと就業履歴についてのAPI連携を利用したい場合は、事業者登録が必要です。

屋号のない 一人親方 の事業者登録 の必要書類は?

屋号を持たず、一人で事業をされている 一人親方 は、「法人区分」欄を「一人親方」とし、「商号または名称」欄を氏名として事業者登録をします。
個人事業主で、従業員を雇用されている場合、法人区分欄は「個人」とします。
一人親方(個人事業主)の事業者申請の場合、資本金は「0円」で構いません。
このとき、建設業許可を持つ事業者は、建設業許可証明書または建設業許可通知書、建設業許可を持たない事業者は、納税証明書(事業税もしくは所得税・消費税)・所得税の確定申告書控え(税務署の収受印のあるもの)・個人事業の開業届のうち、いずれか1点を提出します。
ただし、証明日は1年以内のものになります。

一人親方 の登録料(建設キャリアアップシステムの年間利用料)は?

一人親方 の事業者登録料は無料です。
建設キャリアアップシステムへの事業者登録が完了すると、事業者ID(22で終わる14桁の数字)と管理者ID(登録責任者)が発行されます。
管理者ID(登録責任者)は、事業者登録と同時に自動で1つ作成されますので、この年間利用料2,400円が必要となります。
技能者登録については、簡略型は2,500円、詳細型は4,900円で同じです。

一人親方 の技能者申請で所属事業者名・所在地は?

一人親方 の技能者申請の場合、所属事業者名や所在地は、以下のとおりです。
<事業者IDを既に取得している 一人親方>
事業者登録時と同じ事業者名・所在地となります。
<事業者IDを取得していない 一人親方>
屋号がある場合は屋号、屋号がない場合は氏名となります。所在地は、いずれも住所となります。
なお、 一人親方 の「雇用形態」欄は「常時雇用」とし、雇用年月日は事業設立の日や就任日、または一人親方として働き始めた日とします。

一人親方 で事業者登録をしていません。施工体制登録はできますか?

一人親方 でも、請負契約を結んで施工体制に事業者として登録される立場であれば、事業者登録が必要です。
一方、特定の事業所に所属せず、専ら技能労働者として雇用される立場であれば、技能者登録のみになります。
このとき、他の事業者に雇用される場合は、「所属する事業者」欄に、当該事業者を追加することで、その事業者により、作業員名簿への登録や就業履歴の登録が可能となります。

本頁項はCCUSホームページFAQを参考に作成しています