組織体制と管理者の設定

元請事業者は組織体制と現場管理者を設定します

組織体制と管理者の設定は、基本的に元請事業者が行います。下請事業者は、組織体制と管理者の設定は不要です。
ただし、下請事業者においても、組織体制と管理者を設定することにより、設定した管理者が施工体制の登録が可能となります。
元請事業者は、事業者ID取得と同時に発行された管理者ID(1ID)を使用し、各事業者の規模に応じた支店や部署などの組織を設定(第三階層まで設定が可能)し、管理することができます。
また、それぞれの階層で、利用者立場に応じた責任者や管理者を設定し、その階層以下の組織、現場を管理することができます。
なお、建設キャリアアップシステムで設定する事業者の管理体制(階層)は、システムを利用するための体制であり、実際の組織体制と異なるものでも構いません。
登録した組織情報や組織ユーザ管理は、次の「現場・契約情報」を登録する際に利用します。

代行申請の概要

現場組織の運用に合わせて、階層管理者ID、現場管理者ID、代行登録担当者IDなどの管理者IDの登録も可能です。(一部の管理者IDについては別途、システムのID利用料が必要となります。)建設キャリアアップシステムでは、事業者の管理体制(システムを利用するための体制)を、現場運用に合わせて考える必要があります。

登録後のID

Questions and Answers

管理者IDとはとはなんですか?

管理者IDとは、建設キャリアアップシステムを利用するための各種のIDです。
事業者登録料とは別に、IDの立場により年間利用料金が発生します。
このうち、事業者登録と同時に、事業者IDのほか、事業者責任者IDという管理者IDが自動で1つ作成されます。
この事業者責任者IDの料金は、どの事業者も必ず発生します。
有料
・事業者責任者ID(22で終わる事業者IDと同じ14桁の数字)
・第一階層管理者ID
・第二階層管理者ID
・第三階層管理者ID
無料
・代行登録担当者ID
・現場管理者ID
※現場利用料については、「現場・契約情報」を登録した元請事業者のみ、支払いが必要となります。
管理者IDは、削除の操作を行っても、ID利用料は発生します。一度削除してしまうと再度使用することはできないため、誤操作に注意が必要です。
また、利用料は途中で不要になった場合でも返金されません。

1つの事業者IDを複数の部署で同時利用できますか?

1つの事業者IDで、同時にログインすることはできません。
なお、複数の部署(複数人)で事業者、もしくは技能者の申請等をする場合は、管理者IDの代行登録担当者ID(無料)を作成することをお勧めします。

技能者と所属事業者の関連付けとは何ですか?

建設キャリアアップシステムに登録している技能者IDと、技能者が所属している事業者の事業者IDを紐づけることを関連付けといいます。
関連付けが未完了の技能者は、施工体制の作業員名簿に登録すること等ができません。

本頁項はCCUSホームページFAQを参考に作成しています